=☆☆=

くだらなくてゴメン


カ・ノ・ジ・ョ・ト・シ・マ

Apr 19,1999

実際のところ、このしょ〜もないオリジナル駄洒落を発表したいがために、このサイト〜「進行性W病」を立ち上げたということは、まぎれもない事実だったりします。ですから、この後に続ける駄洒落が、苦しいことこのうえありません。とほほほほ

ちなみにうちの妻にとっては、私のW1S-Aが製造された1971年には、まだこの世にいなかったもんで、S-Aは「お姉さん」なのだそうです。そしてウチのW3-A(貰い物・拙サイト内コラム「彼のオートバイ」に詳細があります)とは同い年。再生が完了したら乗るつもりらしいです。

妻は、婚約指輪のかわりに買ったシルクロード('82)に、しばらく乗っていましたが、いわくシルクロードは非力で怖いらしいです。はいはい。

とはいえ、パワーを求めるがゆえに400cc四気筒に乗りかえるのもバカバカしいかと、1998年秋には大自二虎の巻を参考にしながら教習所に通って、大型自動二輪免許を取得してしまいました。

しかし、ええ時代になったもんです。うっとこの妻でも、「金」払えば大型乗れるンですもんねぇ・・・・・。

そして妻が大型を取った暁には、どこいらかからFZX750のポンコツを買ってきて、妻の練習車にしたろ〜ともくろんでいました。それは、あんまりインスタントに免許取れるシステムに辟易したためです。

「わしらの世代は、アレ(FZXが試験車だった)で免許をもぎ取ったンやで〜。」 などと言いながら、ジムカーナなぞを一緒に練習して、ふたりとも上手いライダーになろうという計画でした。その修行がうまくいったら、その後でW1S-Aも運転させたろ〜という計画でした。まるであの映画のように。

しかしながらこの計画は、ものの見事に企画倒しとなりました。
巷には、EJ650が1999年2月に発売!という情報が流れはじめたのでした・・・・・・。

まあ、このテの大型車やったら楽に乗れるかな ということで ついにEJ650にステップアップだ〜! EJ650-A1(通称:W650アップハンドル)だったら、パワー不足ってこともないやろ〜

この続きは 「幸は白いババシャツ」にてどうぞ!  って、くだらない駄洒落のためのページを見てくださってありがとうございます )

↑先頭へ



進行性W病 www.w1-3.com 1999-2019
i_irie@po.harenet.ne.jp